切らずにしわを消す方法ってあるの?

注入するだけのお手軽施術


眉間にできるしわのように、表情筋を過度に動かし過ぎたことが原因でできたしわには、ボトックスが向いています。ボトックスを注入することで、表情筋の動きが抑制されるため、しわが目立たなくなるのです。ボトックスを注入するのにかかる時間は数分程度で、一度注入すると4~6カ月ほどその効果が持続するといわれています。また、ほうれい線のように皮膚にくっきり刻まれたしわには、ヒアルロン酸が適しています。皮膚のへこんでいる部分にヒアルロン酸を注入することで、ふっくらと盛り上げるのです。一度ヒアルロン酸を注入すると、3~9カ月ほど効果が持続するといわれています。目の下のたるみが気になる人にも、ヒアルロン酸は使われています。

レーザーを照射する施術


しわやたるみが気になる部分に専用のレーザーを照射することで、コラーゲンを増やす働きをもたらす治療法もあります。肌の奥までレーザーが入るため、首のしわにも向いていますし、ニキビ痕の治療にも使われています。痛みの感じ方は個人差があるため一概にはいえませんが、痛みに敏感な人はクリーム麻酔を使うことも可能です。医師に相談してみてください。レーザー照射による治療は、1~2か月に1回行うことが理想です。もちろん1回の治療でも効果はみられますが、3回以上治療を行えばさらに高い効果が期待できます。施術後に赤みが残ったり、数日経過してから乾燥したりすることもありますが、1日程度で自然と治まるケースがほとんどです。